若白髪の悩み

若白髪の悩み

若白髪って実際になっていない人にはそこまで理解できないかもしれませんが、若白髪が目立ってしまっているということはときとして本当にストレスとなるものなんです。

10代や20代でも白髪が1,2本あるという人は決して珍しくもありませんが、それが何十本というレベルになってくると、一目見ただけでも白髪が目立ってくるようになってきます。

またそういった人って顔を合わせた人の目線がすごく気になるんですよね。

私の場合もそうだったのですが、まず間違いなく最初の目線は自分の髪の毛にいきますから。

そこからひどい言葉を言うような人は幸い私の周りにはいませんでしたが、それでもその視線というものは結構な悩みの種となるものです。

「そんなに気になるのなら白髪を抜いちゃえばいいじゃん。」

と言ってくれる人もいるんですが、白髪を抜くとより白髪が増えるという噂のようなものもありますし、実際に抜いてみるとある一部だけ非常に髪が薄くなってしまうこともあるんですよね。

もちろん白髪染めをすれば良いこともあるのですが、当然これも髪の毛を痛める原因ともなりますし、どうしても白髪染めというと自分が若者ではないような錯覚も起こしてしまいます。

もっと深い悩みに悩まされている方も多いでしょうので、若白髪なんて何とも小さな悩みかもしれませんが、本人にとってはどうしても気になってしまうものなんです。

白髪は恥でも何でもない

そんな何とも悩ましい若白髪ですが、無理矢理に解決しなくてもその悩みを解消する方法はあるにはあります。

その方法とはコンプレックスを逆に自分のモチベーションに変えてしまうということ。

人間って何かしらのコンプレックスを持ってしまうとどうしても他人に対して引け目を感じてしまうことが多くなってしまいます。

「私はこうだから恥ずかしい。」
「他人から馬鹿にされるのが嫌だ。」

このようにどうしても考えてしまうことがありませんか?

こうように自分で自分に殻を作ってしまうと当然周りの人間はあなたに寄ってくることは少なくなってくるでしょう。

そしてその結果としてまた、「あー、やっぱり自分なんて…」と考えてしまう最悪の展開となっていってしまいます。

たかが白髪くらいで…。
と思われるかもしれませんが、人間のコンプレックスというのは他人にはどうしても測るということは難しいんです。
人によっては大したことがなことでも、その人にとっては非常に大きな悩みだということは多くあります。

もしあなたが白髪で悩んでしまっているのなら、お願いですからまずは「白髪が恥ずかしい。」「白髪を他人に馬鹿にされる。」という固定概念を捨ててください。

白髪などのようなコンプレックスを作っているのは実はその白髪自体ではなく、あなた自身なんですよ。

そのコンプレックスを自分自身で解消したときには、きっと一つ成長した自分自身を見ることができるはずです。


このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する